行動!そして人生変えられるか?!ゆうじんブログ

色々と実践し人生変えていけるか!?読んだ本や体験談など書いていきます。

牛肉、豚肉、加工肉を含めて健康に悪い理由…

f:id:yujin-life:20200803232145p:plain

こんにちは、ゆうじんです。

 

皆さん、お肉好きですか?

 

僕は大好きです!焼肉はもちろんですけど、普段からお肉が食卓に並ぶとテンション上がりますね!

 

しかし、牛肉や豚肉などの色の赤い肉や、ソーセージ、ハムなどの加工肉は発がん性があることが国際がん研究機関から発表されているんすよね…

 

しかし!お肉は美味しいですよねぇ。健康を維持したままどうやってお肉を食べることができるのか?

 

まず、お肉の健康リスクについて書いていきたいと思います。

 

この辺をこれらの本を交えつつ書いていきたいと思います。

 

 

 

 

目次

1.加工肉

ソーセージやハム、ベーコンなどでしょうね。

 

これらは

 

WHOでは、こうした加工肉に発がん性があることを認めています。

引用:医者が教える食事術

 

とされています。

 

健康について日頃から意識されている人や、もしかしたら食について敏感な小さなお子様がいらっしゃる家庭では聞いたことがあるかもしれませんね。

 

実際、僕も加工肉に関しては発がん性があるってことは聞いたことがありました。

 

しかし、またこういった本も書かれているってことは加工肉については発がん性があることは間違いないんでしょうね。

2.発がん性リスク

実際は、どのくらい食べると発がん性リスクが高まるんでしょうね。

 

加工肉の場合、1日当たりの摂取量が50g(ホットドック1本、ベーコンスライス2枚)増えるごとに、大腸がんのリスクは18%増加すると報告されている。

引用:世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

とのことです。すごいな…

 

たぶん、某ハンバーガーチェーンでベーコンがいっぱい入っているハンバーガーなんぞ食べたらあっという間に50gとか超えそうですわ…

3.なぜ発がん性リスクが上がる!?

なんでこんなに加工肉って発がん性リスクが高まるんでしょうね…

 

市販されているたいていの加工肉には、日持ちさせるための防腐剤や、きれいに見せる発色剤など危険な物質が入っています。とくに、亜硝酸塩という発色剤は、発がん性があることがはっきりとわかっています。

引用:医者が教える食事術

 

大雑把に言えば添加物によって発がん性リスクが高まるってことなんでしょうね。

 

こうやって読んでいくと加工肉は避けていった方が健康的な気がしますね。

 

美味しいものには危険があるのかな?

 

ってより、視覚や味覚で美味しく感じさせて商売しているんでしょうかね。でも、商売ってのも大変だよなぁって感じがしますね。

4.赤い肉!?

加工肉に続いて赤い肉も発がん性リスクが高まるとされています。

 

ちなみに赤い肉ってのは赤身肉ではなく

 

赤く見えるような肉ってことっすね。一般的に食べるようなものだと牛肉や豚肉ってことっすかね。

 

逆に白い肉ってのがあって、これは鶏肉ですね。

 

そして、赤い肉は

 

国際がん研究機関が、「加工肉は発がん性があり、赤い肉はおそらく発がん性がある」と発表した。

引用:世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

加工肉は1日の摂取量が50g増えるごとに大腸がんのリスクは18%上がっていましたが

 

赤い肉は100g摂取するごとに大腸がんのリスクが17%増加するとされた。

引用:世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

僕的にはあちゃーって感じっすねぇ。結構な頻度で赤い肉を食べていますね。週3~4日は赤い肉が夕飯のメインかなぁっと…

5.まとめ

いかがでしたか?

 

全く食べないこともできにくくなってきている肉や加工肉は実は発がん性リスクがあるってことっすね。

 

特に大腸がんのリスクが上がりやすいってことっすね。

 

大腸がんと言えば日本人の部位別がん死亡率で

 

男性は3位

 

女性は1位なのです…

 

これ…やばいなぁって感じしませんか??

 

大腸がんでの死亡率が男女ともに高くて、その発生リスクが高まるのは赤い肉や加工肉も要因として考えられているってことっす。

 

ちょっとお肉の食べ方考えていかないとですよね。