行動!そして人生変えられるか?!ゆうじんブログ

色々と実践し人生変えていけるか!?読んだ本や体験談など書いていきます。

死ぬときに後悔すること25を読んで共感した部分!

f:id:yujin-life:20200716233410p:plain

『死ぬときに後悔すること25』を読ませてもらいました。

 

最初は重い話なのかなぁって思いきや、多少は重い部分もありますけど

 

淡々と書かれている感じでしたね。

 

そこまで落ち込むような部分はありませんでしたね。

 

そして共感する部分もあれば、これはどうかなぁって思う部分もありましたね。

 

著者としても

 

この本では、私が遭遇してきた「後悔」のうち代表的なものを二十五挙げた。深い共感をもって読んでいただけたものもあれば、私はそうは思わない、そんな項目あっただろう。

 それが普通だと思う。実際に、人によって死を前に後悔する内容は全く持って異なっているから、感想は違って当然なのだ。けれども、その後悔の内容には類似性があることに私は気づいて、この本を書いた。

引用:死ぬときに後悔すること25

 とのことから、すべてに共感するってことはないってことっすね。

 

そりゃ、人生一人一人違うし価値観も違う。そうなってくると後悔する内容も絶対に同じとは言えないっすもんね。

 

今回は僕が非常に共感したところをピックアップしたいなぁって思います。

 

 

目次

1.自分のやりたいことをやらなかったこと

たぶん、これが一番でした。

 

後悔するとすれば

 

「あー元気なうちにこれしておきたかったなぁ」とか考えるかもなぁっと思いましたね。

 

終末期の方々も皆が言い残した言葉として

 

いわく、「人生はあっという間だった」と。

引用:死ぬときに後悔すること25

 

って書かれていますね。

 

なれば、人生あっという間の内にやりたかったことをいくつできたかによって最期の時に後悔はしにくくなるんだろうなぁって思うんすよね。

 

例えば家族に気を使いすぎて自分の意見を我慢する我慢して我慢してやりたいこともやらずに誰かのために耐え続ける。

 

そんな人生でもよかったと言える人もいる。それは人それぞれかもしれないっすけどねぇ。

 

誰かのために貢献できてるって感じるとよかったぁって感じるかもしれないっすけどね。

 

っても他人に迷惑をかけない程度にやりたいことをやるってのは間違ってはいない気がするんですよね。

 

後々になってやりたかったことができなくなる人生より、やってみてどう感じたかを体感できるようにしていきたいっすね。

2.自分の生きた証を残さなかったこと

これは…もう少し歳をとってから感じるかもなぁって思ったことですけどね。

 

でも、死ぬ間際になって自分が生きたことによって世の中の何かに影響があったのかってのはこの本を読みながら気になりましたね。

 

歴史の教科書に載るような偉大な人はもう本当に立派な生きた証を残されていますけど、僕みたいな凡人の凡人はどうなんだろうなぁって感じますね。

 

もちろん、歴史の教科書に載るような偉大な人のようにまでって欲は全くありませんけど、自分の周りの方々に自分がいたこと、逆に自分がいなくなる時にどんな風に思ってもらえるのか?

 

って気になりますね。

 

ではどうやって生きた証を残すのか?

 

著者は『手紙』を残すケースが一例として挙げられていましたね。

 

心に秘めた思いなどを伝えるには手紙が適しているだろうとのことですね。

 

手紙のエピソードで、白血病で亡くなった17歳の女子高校生が残した手紙についてかかれていました。

 

ある一文で

 

人間は誰かの役に立ちたい、救ってあげたい、また、誰かのために死にたいと理想をもつ。自分の生が、死が意味あるものでありたいと思う。

引用:死ぬときに後悔すること25

 って書かれていました。

 

やはり、自分が生きた、そして死ぬときの意味。それが意味のあるものでありたいと思うんだなぁって非常に共感しましたね。

 

17歳の女子高校生が書いた手紙…

 

こんなことをその年齢で思えたか…僕は自信がないと思えるほどの内容でした。

 

これを読むだけでもこの本の価値は非常にあるんではないかなぁって思わされます。

3.まとめ

悩み悩んで2つに絞って書いてみました。

 

確かにこれはそう思わないかなぁって共感しにくい部分もありますけど、非常にためになる内容でした。

 

だって、自分の身の回りにそこまで死について、そして、後悔しているかどうかを話せる人がいるか?

 

いや、いないですねぇ。

 

この本はまさに著者の医師の先生の体験を追体験できるような本でした。普段経験できないことを本の中で経験させてもらえるような感覚です。